数秘術で占う2019年の運勢占い!9のサイクルの方の2019年の過ごし方

数秘術で占う2019年の運勢占い!9のサイクルの方の2019年の過ごし方

 

数秘術を使い、2019年という1年間はどう過ごしたらいいのか?

 

知ることができます。

 

9のサイクルの方は、2019年どんな過ごし方をすればいいのでしょうか?

 

 

自分の2019年のサイクルって何?

というあなたはコチラでわかります♪
注目記事 数秘術は、数字のエネルギーを知り今その時の流れを知り、流れに乗ることで開運する方法です。数秘術を使い、2019年はあなたにとってどんなエネルギーの年になるのか?占ってみました。あなたの数秘術で占う2019年の運勢は?
数秘術で2019年の運勢&過ごし方を知る

 

数秘術で占う2019年の運勢、9のサイクルの方の運勢は?

 

 

 

数秘術で占う2019年の運勢!9のサイクル

数秘術で占う2019年の運勢!9のサイクル

 

 

数秘術で占う2019年の運勢、9のサイクルは、完結のサイクルになります。


 

次のサイクルに向けて、まとめをする時期とも言える、総集編の時期になります。

 

そして、次のサイクルに向けての準備をする時期でもあります。

 

再び新しい9年間が訪れます。

 

そのための準備を進めていくのが、9のサイクルの時となります。

 

9のサイクルと言うのは、そのためバタバタと忙しいときでもあります。

 

手放すものは手放し、そして、次の年に必要なものは備えると言う、2つのことを行っていかなければならないサイクルだからです。

 

強いて言うならば引越し前の忙しさと言うことでしょうか?

 

また来年からの新しいステージに向けて、新の種を植えることになります。

 

次の9年間はどんな種を蒔いてみたいですか?

 

何を育てたいか?

 

そのことについて、じっくりと考えてみる時でもあります。

 

9の1年は手放しの年のため、何か新しいことをスタートするのは出来る限り避けていくと良いでしょう。

 

空いた空間がなければ、新しいものを育てることはできません。

 

それを意識してみてください。

 

新しい事のスタートは、翌年の1のサイクルが向いています。

 

この年に何かをスタートすると、なかなかうまくいかなかったりする可能性も出てくるからです。

 

数秘術で占う2019年の運勢!9のサイクルの過ごし方

数秘術で占う2019年の運勢!9のサイクルの過ごし方

 

 

数秘術で占う2019年の運勢、9のサイクルの過ごし方は、とにかく断捨離が吉です。


 

今の自分には必要ないものはどんどん手放していくと良いでしょう。

 

友人間関係なども同様です。

 

ご縁のある方とは、また必ず出会えるようになっているからです。

 

また、ダイエットなどもオススメの時です。

 

物理的な意味での整理整頓、また精神的な意味での頭の中の整理なども行っていくことで、新たな気持ちで新たなサイクルを迎えることができるようになってきます。

 

綺麗さっぱりし、気持ちが良い状態で次の1の年を迎えられると良いですね。

 

9の年と言うのは、人によってどんな年を過ごすか変わってきます。

 

いろいろと努力をしてきた方というのは、感慨深い1年となるでしょう。

 

得られたものについて、幸せを感じたりすることができます。

 

反対に、何もしてこなかった方と言う方の場合は、ただ単に9年間が終わってしまった。

 

そう感じるかもしれません。

 

でも大丈夫です。

 

私たちは、9年単位で様々なサイクルを経て生きています。

 

また次のサイクルで、良い循環を作っていけばいいのです。

 

このサイクルを味方につけていくことで、ハッピーに過ごしてことができるようになるのです。

 

 

2019年の運勢!9のサイクルの注意事項

2019年の運勢!9のサイクルの注意事項

 

 

2019年の運勢、9のサイクルの注意事項は、引越しをしたり新しいことを始めたりはあまりしないことです。


 

この年に引っ越しをしたりすると、あまり気に入らない事が多いと言われています。

 

賃貸ならまだしも、購入してしまったなどと言うときには目も当てられません。

 

また新しい仕事に就くのもあまり良くないと言われているため、転職したいと思う方は次の1のサイクルまで我慢すると良いでしょう。

今年のサイクルの次の数字のサイクルの過ごし方も、前もって確認しておくことで、今年の過ごし方がより良いものに変化します。

もちろん、下にあるようなそれ以外の情報にも触れることで、あなたのこの1年はさらに開運されることでしょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る